着せ替えパズルくま家族

くまの4人家族の着せ替え遊びです。
木箱の中に木で作られたおとうさん、おかあさん、男の子、女の子に
それぞれ洋服とくつ、それからいろんな表情の顔が6種類ずつ入っています。
パーツは全部で72個!
起こった顔、泣いた顔、眠たい顔、笑った・・・など表情豊かなこの家族
洋服やくつも、さむ~い日用から水着までたくさんもってる衣装もちのようです。

昨日早速息子と娘と遊びに来ていたお友達に手渡してみたところ
びっくりするくらいの盛り上がりようでした。
着せ替え遊びを楽しむというより物語をみんなで膨らませていく遊びが始まったのです。
床に5~6人、まあるく座って頭と頭をくっつけ合って
顔、服装を適当においてそこから口々に物語を創作していくのです。
「今日は寒いのにおにいちゃんが半袖を着るってわがまま言ったから
お母さんがこんなに怒っています。」
「けど、外に出たらやっぱり寒くておにいちゃんは泣いてしまいました。」
・・・と、ここでおにいちゃんの顔をさっと泣き顔に・・・
・・・もともと木のパズルだから入れ替えもすばやくできるので創作の妨げにならないからか
ぽんぽんお話が飛び出してきます。
こんな風に誰の指導もなしにみんなで集中して遊びを膨らませてしまうなんて・・・
4歳の子どもたちよりもうちょっと小さい子向けかな?
と思っていましたがどうやらもっと長く使えるおもちゃのようです。
危険が無い限り、このおもちゃは何歳用・・・などと区切るのはやめようと
遊びの天才達に教わりました。

お誕生日でもクリスマスでも子どもに新しいおもちゃをプレゼントする時は
周りにたくさん子どもがいたほうがいいのかもしれないなぁなんて思いました。
特に遊び方説明書(?)みたいなものがないシンプルなおもちゃには・・・。
実際にはタイミング難しいですけどね。

 

くまの着せ替えパズル

2007-06-14 | Posted in おすすめ, ご出産祝, 木のおもちゃComments Closed 

関連記事